Blog インナービューティ~食養生~

体験入学受付中

HOME // ブログ // 太りグセから抜け出そう⑤佃煮や漬物は食卓に欠かせない

Blog インナービューティ~食養生~

CATEGORY


インナービューティ~食養生~ お知らせ~告知・募集~

太りグセから抜け出そう⑤佃煮や漬物は食卓に欠かせない


「和食はヘルシー?」


パーソナルセッションで多くの女性の「ダイエットサポート」をする中でわかった太り癖

なくて七癖と言われますが、食にまつわる「太りやすく痩せにくい体」を助長する太り癖、これを見直すことで、

スルスルと理想のカラダへ!

意外と自覚していない太り癖、あなたはどうでしょうか?
是非、チェックしてみてください。

 

今回はその4、佃煮や漬物は食卓に欠かせないについてです。

和食には佃煮や漬物が欠かせませんよね。
毎日の食卓に、なくてはならない一品として無意識にこれらを並べていませんか?

これ、太るもとです。

佃煮も漬物も、保存が効くように塩や醤油、そして砂糖などの調味料を多用した料理です。
漬物は発酵食品だから体に良いというイメージもありますが、それと同時に塩分の摂り過ぎにならないかは注意が必要ですね。

塩漬けの漬物に、さらに醤油をかけたりしていませんか?

理想的な塩分摂取量は、厚生労働省の「日本人の食事摂取基準(20年版)」によりますと1日7g前後となっています。

それに対して実際は10g前後の摂取だそう。

ご存知の通り塩分過多で高血圧・動脈硬化を招きますが、それは、体内塩分濃度を一定に保つために水分が増えて血液量が増えた為に、心臓のポンプ運動に負荷がかかっているということです。

塩分摂取で体内に余分な水分を蓄えることになる、
つまり水太りにもなりやすいということです。

試しに、徹底的に塩分を控えた食事を1週間心掛けてみてください。
それだけで1kgぐらいはスルッと体重が減ると思いますよ。

それだけ余分な水分を蓄えていたということを実感できるはずです。
日頃からむくみがちな方は特に顕著に現れます。

そうした方のお食事内容をヒアリングしますと、この「佃煮と漬物」をほぼ毎日のように、どちらかは召し上がっている事が多いのです。

佃煮も漬物も「ご飯のお供」と称されるくらいですから、主食もすすみますよね。
結果として総カロリーも増えがちです。

また、塩分の多い食事で喉が渇くと食事中に水をたくさん飲むことにも繋がります。これは胃酸を薄めて消化不良や食中毒をおこす原因でもありますし、水で流し込む食事スタイルは早食いにもなりやすい。

よく噛んで時間をかけて食事をすることで満腹中枢は働きますので、そうした視点からも水を飲みがちな食事スタイルは太る一因となり得ます。

塩分過多は、様々な意味合いで「太り癖」となることがおわかりでしょうか?

もちろん佃煮や漬物だけでなく、ラーメンやお蕎麦の多食も塩分過多に繋がります。
ラーメン一杯でおよそ5gの塩分になるとも言われていますから、これは1日分の70%にあたる塩分量です。

お昼はこうした麺類が手軽ですが、そうした食習慣を見直すだけでも「むくみ太り」は解消できます。

 

次回は【カマボコやさつま揚げなど魚肉加工食品の多食癖】について解説してみたいと思います。




直接アドバイスが欲しい、すぐに見直したい!という方は・・


漢方理論と薬膳アドバイス、そして個々の身体能力に合わせた運動指導のコンビネーションで「いくつになっても今が一番!」を叶える≪大人のための逆転のボディメイキング・オンライン≫(←こちらをクリックで詳細サイトが開きます)でサポートさせていただきます。




パーソナル指導は1週間のお試しコース3ヵ月の本コースの2種類をご用意。(それぞれをクリックしていただくと詳細ページが開きます)

1週間やってみて本コースへ移行される方も多く、その場合は差額のみで移行できますので安心して始めてください。

セッションはオンライン(スマホでもPCでもOK!)ですから、外出不要で夜間・休日もスケジュールが組めます。ご希望に合わせて対応させて頂きますので、マイペースでダイエットに取り組んでみませんか?

昨今の騒動で「セルフメディケーション」~自分の健康は自分で守る~この重要性をあらためて認識された方も多いことでしょう。(肥満は感染症からの重症リスク大!)
これを機に、薬や医療に頼る前に日常で体づくりに本腰をいれて取り組みたい!と思われた方はぜひご相談ください。

なにより、「おこもり太り」が深刻ではないですか?
ちょっと太ったかな・・と思ったらすぐに元に戻す!
そうすれば苦労は少なくて済むものです。

放っておくと、ダイエットはなかなか時間がかかってしまいますよ。
是非、今のうち整えましょう!
私が先導してダイエットを叶えます。

 

無料のメールマガジン(←こちらをクリックで登録画面が開きます)でも「漢方養生法」をご紹介しております。




FMヨコハマ「ファンケルヨコハマなでしこ」‘20 1 13 OA



(「からだ美養塾」がFMヨコハマで取り上げられました!オンエアの録音をこちら↑からお聞きいただけます)

ブログ一覧